今までにもらった贈り物の中で一番嬉しかったものは、ホーローの鍋です。

贈り物をもらってうれしかったエピソード
贈り物をもらってうれしかったエピソード

今までにもらった贈り物の中で一番嬉しかったものは / 28歳 女性

今までにもらった贈り物の中で一番嬉しかったものは、ホーローの鍋です。
そのブランドの鍋は、雑誌でもよく目にするような流行の商品ですが、スタンダードなサイズでも数万円する高級品です。
自分で買うにはとても手が届かない一品でした。

実は、それを思いがけないタイミングで、二つも手に入れることが出来ました。
それは入籍してしばらく経って、結婚式の準備をしていた頃、私の友人から一つ、夫の友人からもう一つ、その鍋をプレゼントしてもらえたのです。
念願の鍋を手にした瞬間はとても嬉しく、「これがあの有名な鍋だ!」としばらく眺めてしまいました。

私はよくこれでカレーやシチューを作っています。この鍋を使うだけで特別な料理を作っている気になり、とても幸せな気分です。
そして、送ってくれた友人たちへ改めて感謝しています。私自身も、何か贈り物をする時には多少高価でも質の良いものを送りたいと思います。送った時の相手の笑顔を想像するだけで、私も嬉しい気分になれそうです。

普段の生活では購入することのできない / 49歳 女性

普段の生活では購入することのできない、ちょっと夢のあるものをいただくと、うれしいです。

ほとんど毎日のようにスカイプで会話をしているK子さん、彼女は東京、私は沖縄と住んでいる場所は離れていますが、いつも話をしているので、とても身近なお姉さんのような存在です。
私たちは同じ仕事をしていて、その仕事には多くのセルフ画像を必要とします。私は頼まれると彼女の画像に修正をかけたりしています。律儀なK子さんは毎年、夏と冬には予算を言って好きなものを選ぶようにと手配してくれます。
これが私には年に2回のお楽しみで、色々なものをいただいているのですが、やはり一番うれしかったのはセルロイドのバングルです。
これは終戦間もない時代の占領下の日本が、外貨獲得のためにアメリカに輸出していたヴィンテージのアクセサリーです。
ある程度の太さがあって状態の良いものは、お値段もそう安くありません。まさに普段の生活費の中からは捻出できない費用です。

うれしくて、1度しかつけて外出したことはありませんが、大切にしまっておいて、ときどき眺めて喜ぶためにとっておきます。

Copyright (C)2016贈り物をもらってうれしかったエピソード.All rights reserved.